• 原著論文
    1. Tomoya Suzuki, Tohru Ikeguchi and Masuo Suzuki:
      "A model of complex behavior of interbank exchange markets,"
      Physica A, 337, pp.196-218, 2004.
      論文URL
  • 国際会議
    1. Ryosuke HOSAKA, Hikoichiro NAKAMURA, Tohru IKEGUCHI and Osamu ARAKI:
      "Information Transformation from a Spatiotemporal Pattern to Synchrony through STDP Network",
      International Joint Conference on Neural Network(IJCNN), July 2004.
  • 研究会
    1. Tomoya Suzuki, Tohru Ikeguchi and Masuo Suzuki:
      "Estimating the Advantage of Nonlinear Modeling of Multivariable-Dynamical System"
      電子情報通信学会 技術研究報告・非線形問題研究会 (Oct. 2004)
    2. "STDP network transforms spatiotemporal information to synchrony"
      Ryosuke HOSAKA, Tohru IKEGUCHI and Osamu ARAKI
      電子情報通信学会 技術研究報告・非線形問題研究会 (Nov. 2004)
    3. "Statistical analysis of interspike interval sequences of Class I and Class II neurons"
      Ryosuke HOSAKA, Yutaka SAKAI, Tohru IKEGUCHI and Shuji YOSHIZAWA
      電子情報通信学会 技術研究報告・ニューロコンピューティング研究会 (. 2004)
  • 総合大会等
    1. "BVPモデルとLIFモデルの高次スパイク間隔統計量の相違"
      保坂亮介, 酒井裕, 池口徹, 吉澤修治
      日本物理学会 全国大会 (Sep. 2004)
    2. "無相関入力を受けた変形Hindmarsh-Roseモデルのスパイク間隔統計"
      保坂亮介, 酒井裕, 池口徹, 吉澤修治
      日本神経回路学会 全国大会 (Sep. 2004)
    3. ""
      鈴木智也、池口徹, 鈴木増雄
      電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (Mar. 2005)
    4. ""
      松浦隆文, 池口徹
      電子情報通信学会 ソサイエティ大会 (Mar. 2005)
    5. "ニューロンクラスによるスパイク間隔統計の相違"
      保坂亮介, 酒井裕, 池口徹, 吉澤修治
      日本物理学会 全国大会 (Mar. 2005)
  • 修士論文
    1. 細田健人, "Analysis of Masting Behavior by Sigmoidal Resource Budget Model,"
      埼玉大学 大学院 理工学研究科 情報システム工学専攻.
  • 卒業論文
    1. 鈴木達之, "巡回セールスマン問題に対するカオスアントシステム法,"
      埼玉大学 工学部 情報システム工学科.
    2. 相川健一, "花粉飛散情報の非線形解析,"
      埼玉大学 工学部 情報システム工学科.
    3. 原木大典, "局所線形近似法に対する近傍空間の最適化,"
      埼玉大学 工学部 情報システム工学科.
    4. 森岡宏朗, "ローレンツプロットを用いたダイナミカルノイズを含む非線形力学系の解析,"
      埼玉大学 工学部 情報システム工学科.
Copyright © 2007--2018 Ikeguchi Laboratory. All rights reserved.